2021年 屋久島リトリート

『森川海とのめぐりとつながりをうみだす4Days』
堀田義樹 × Moss Ocean House

第二回:2021年10月1日(金)〜 4日(月)

第三回:2021年10月5日(火)〜 8日(金)

* 第三回10月5日(火)〜 10月8日(金)の枠は満席、キャンセル待ちとなりました。



 豊かな自然あふれる世界遺産の島で、いのちのめぐり、つながりに触れる旅を。今年の7月に開催した新しい形のリトリート『森川海とのめぐりとつながりをうみだす4Days』第二回、三回目のお誘いです。

 日本で初めて世界遺産に登録された屋久島。原始を思わせる森林は島全体の90%に及び、多様な動植物のいのちの神秘的な輝きに、訪れる誰もが魅了されてしまいます。この豊かな自然は、川の水が森を通り海に流れ、温暖な気候が水蒸気を発生させて、最大標高2,000mに迫る山間部に当たって雨になり、森と里を通り川になり、、という果てしない循環の歴史によって育まれてきたそうです。

 島南東部の海沿い、麦生にあるゲストハウスMoss Ocean Houseは、屋久島の水の美味さに衝撃を受けて移住した今村祐樹さん(今ちゃん)が、ガイド業から開業。ところが、屋久島観光ブームの頃、人をお迎えすることで自然が傷ついていくのに疑問を感じ、もっと深く「暮らし」をシェアすること、美しい環境を未来へつなぐ方向へとシフト。コロナ禍以降は宿泊業もお休みして、土地改良の研究と実践、まわりの自然をより健やかに息づかせる家づくり、畑の開拓など、島との共生をますます深めています。

 このリトリートでは、Mossが提案する「心に自然を宿そう」「人が来るほど自然が豊かになるしくみ」をテーマに、森、川、海をめぐります。食事は竈の火起こしから始めて、島の大地のお恵みを丁寧にいただきます。 一本の木、一輪の花、一匹のトンボさえ、孤立して生きている存在は何ひとつありません。島の暮らしを体験しながら、その大いなる循環に身を委ねていきましょう。五感を開いて、自然の智慧に学びましょう。時代が大きく変わろうとしている今、いのちの本質であるつながりを見つめ直す四日間は、これからの生き方にイマジネーションの息吹を与えてくれるはずです。一人、友達、カップル、親子、どなたも安心してご参加下さい。希望の種を分かち合い、ともに育てていきましょう。
 


ナビゲーター:堀田義樹

IMG_9077.jpeg

『森川海とのめぐりとつながりをうみだす 4Days
堀田義樹 x Moss Ocean House 屋久島リトリート



日時:

第二回
2021年 10月1日(金)〜 10月4日(月)

第三回

2021年 10月5日(火)〜 10月8日(金)* 満席・キャンセル待ち


募集人数:
各回 5名


 

スケジュール:
 

現地集合
屋久島空港 初日12:30

現地解散 
屋久島空港 最終日12:30


<Day1>
自然と出会う/屋久島チェックインツアー

<Day2>
自然とつながる/
森川里海のめぐりとつながりツアーその①

モスで朝ごはん、源流の森へ、森でのんびり、温泉など

<Day3>
自然とかかわる/
森川里海のめぐりとつながりツアーその②

海とつながる潮飯の朝ごはん、森の手入れ 

畑作業 昼寝したり川で遊んだり 里でゆったり
           
<Day4>
心に自然を宿し、はじまる/チェックアウト

 

川と海がつながる河口の大岩でペイフォワードなシェアタイム

* 天候などにより行程が変更される場合があります。予めご了承下さい。

 



参加費:
 

¥80,000 〜 ¥120,000 

 未来に向けてのチャレンジとして「スライディングスケール」を採用しました。スライディングスケールとは、ご参加いただく方のお気持ちで料金を決めていただくしくみです。ミニマムからマックスの間で、ご自身が選択できます。
 

 いま私たちが受け取っている自然の恵みは、すべて過去から贈られたギフト。それを守り、育んできた人々の想い、希望が形となり、大切に受け継がれています。


 今回過ごしていただく時間もまた、誰がが未来のために、あなたのために届けてくれた贈りもの。そしてあなたから、次の人への贈りものとして、感じたこと、お気持ちを納めて下さい。対価、交換としてではなく、未来へつなぐ想いを分かち合い、「お金」というエネルギーにおいても、健康的な流れ、循環を生み出していけたらと考えています。


 お支払いはリトリート終了後から10日間を期限とさせていただきます。ぜひ過ごした日々をゆっくりと味わい、未来へ贈りつないでいただければ幸いです。

銀行振り込みの他、PayPal(クレジットカード決済)が利用可能です。口座情報など、詳しくはお申し込みメールの返信に記載しています。

 

参加費に含まれるもの:
・宿泊費
・島内の移動費・車両代
・食事代(リトリート中の夕食3、朝食3)
・ガイド、ワーク代

 

参加費に含まれないもの:
・屋久島までの交通費
・行程外の飲食、各自のお土産

お申し込みメールアドレス:
stuff@morning-lights.net 


携帯会社のメールアドレス(docomo, softbank, ezwebなど)につきまして、こちらからのメールを拒否される例が多発していますので、ご利用はお控え下さい。 Gmail、Yahooメールは問題なく受信できます。

表題

「2021年10月 屋久島リトリート申し込み」

* 第三回10月5日(火)〜 10月8日(金)の枠は満席、キャンセル待ちとなりました。

本文

・希望日(第二回、第三回)
・氏名

・性別

・住所
​・電話番号

・Facebookアカウントの有無
・主催者へのメッセージ、参加を決めた理由など

・その他、質問等があればご自由にお書き下さい

返信には土日を除き一、二日いただいております。何卒ご了承下さい。


すべてのプログラムはMoss Ocean Houseを中心に行いますが、宿泊は近所の宿、男女別の相部屋となります。

↓ 9月30日 更新

宿泊はMoss Ocean Houseに変更となりました。個室ご希望の場合は近隣の施設になる予定です。お気軽にご相談下さい。

 

持ち物:


・帽子

日除け・雨除け。
 

・雨具

上下セパレートがおすすめ。


・トレッキングシューズ、または履き慣れた運動靴

登山はしませんが森を歩く時に。雨天の可能性があるので防水がおすすめ。


・水着、ラッシュガード、浮き輪など水遊び道具

天気が良ければ、川、滝壺などに入れます。

・リュック、雨除けカバー

外出時に水筒、雨具、タオルなどが入れられるサイズ。

・動きやすいズボン

特に女性はお忘れなく。アウトドア用のものがおすすめ。

・折り畳み傘

行き帰り含め、あると便利です。

・健康保険証


Mossにはタオル、バスタオル、ボディソープ、シャンプー、ドライヤーがあります。

その他、常備薬やアメニティ類など、必要なものは各自ご用意下さい。

 


キャンセルポリシー:
 

お申し込み後、ご自身都合のキャンセルにつきましては、以下のとおり申し受けますのでご了承下さい。

開始日から七日前まで 無料 

開始日から二日前まで ¥80,000の50% 

開始日前日以降 100%

発熱、体調不良などの場合は、決して無理をせず、お早めにご連絡をお願いします。状況によりキャンセル料はいただきませんので、心配事があればご相談下さい。

緊急事態宣言発令などによりリトリートが中止になった場合も、屋久島までの交通費はご自身負担となります。運賃キャンセル料金が掛からないケースもありますので、各航空会社などにご確認下さい。


会場:
Moss Ocean House

鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生311−91

​☎︎ 0997-47-3650
https://www.moss6.com/


 

IMG_8979.jpeg
IMG_8961.jpeg
IMG_8972.jpeg
IMG_1600.jpeg

プロフィール:


堀田義樹 Yoshiki Horita

北海道出身、神奈川在住。1998年、ビクターエンタテインメントよりボーカリストとしてデビュー。2004年に独立後は、iMAGINATIONS名義でのソロワークの他、声を通して本来の自分を開くレッスンや、インド伝統の祈りの歌キールタンを日本で広く紹介するなど、全国各地、海外にもつながりの場を広げている。

音楽制作、コンサート、ナレーション、奉納演奏、ワークショップや講座、国内外リトリートでのナビゲーターと活動は多岐に渡るが、すべての行ないの中心にあるのは「祈り」そして「共に成長し喜び合えること」。旅、自然を愛し、食、農、環境、生き方に関連する交流、枠にとらわれないコラボレーションも積極的に行なっている。

http://www.imaginations.jp/bio
https://www.morning-lights.net/
http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp


キールタンとは?
http://yoshiki-imaginations.hatenablog.jp/entry/2016/11/11/085300

 

IMG_1790.jpeg

今村祐樹(Moss Ocean House)
 

2002年、屋久島の川の水が美味しすぎて大阪より屋久島へ移住。

2003年エコツアーカンパニー「モスガイドクラブ」を創業、モスガイドクラブのガイドリーダーとして屋久島の水はなぜこんなにも綺麗で美味しいのか?そのわけを探求しながら年間200日以上屋久島の森を歩き回る。2006年~2009年の屋久島観光ブーム時に大好きな森が観光によりどんどん荒れ果てていく姿を目の当たりにし、人が来れば来るほど自然が失われていく従来のスタイルではなく、人が来れば来るほど自然が豊かになる仕組みを生み出すことをライフワークとして活動を開始。現在はモスガイドクラブで運営する宿モスオーシャンハウスで、宿の立地する島の南東部の高平集落の流域の人々、建築、教育、土木、造園、企業経営者など多様性あふれるメンバーとともに「海が森を育て 森が川を生み 川が里を潤し 里の暮らしが森川海を豊かにするめぐりとつながりをうみだすプログラム」を体験できるフィールドを創造している。

 

「心に自然を宿そう」をコンセプトにした合同会社モスガイドクラブ/モスオーシャンハウス代表。屋久島在住19年目。大阪府吹田市出身42歳 妻と(7歳、4歳、2歳)の男の子3兄弟の父として屋久島に暮らしている。
 

https://www.moss6.com/ 

6.jpg
7.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg